スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

障がい者スポーツ

 2015-08-26

 「障がいの有無に関わらず、スポーツに親しめる環境づくりを」

 長岡で初開催となる障がい者スポーツ研修会(初級)が長岡市主催、県障がい者スポーツ協会の主管のも長岡市で開催されました。

 2日間の講習で障がい者スポーツの基礎知識を学ぶもので市内のスポーツ推進委員や教員、学生さんなど30名が参加。

 「障害の有無に関わらずスポーツに親しめる環境づくり」国のスポーツ基本法やスポーツ基本計画にも同様の主旨は盛り込まれ、重点施策とされている。総合型地域スポーツクラブ推進のキャッチフレーズでもよく聞くが、現状はまだまだ理解が浸透し取り組みがなされているとは言い難い。 

 今研修会では特別講義としてNPO法人アダプテッドスポーツ・サポートセンター理事長・大阪体育大学局員教授、シドニー五輪車椅子バスケ全日本総監督も務めた高橋 明先生の講演があった。 講演の中で今の車椅子バスケは健常者も一緒に楽しんでいるのだという。大学では健常者の学生による車椅子バスケの大会まであるというのです。

 既存のスポーツでもルールや方法など工夫すれば、障がい者も健常者も分け隔てなく一緒のスポーツを楽しむことができる。
障がい者スポーツのためだけの特別な場や種目、施設を用意するよりも、そういった理解・工夫こそが「障害の有無に関わらず・・・」を身近な場所でも実現できると感じた。元来スポーツは楽しむためにルールや方法を変化させてきた歴史がある。今後はもっと様々な人の目線に立った創意工夫をする意識をスポーツ指導者はもっていかなければならないと感じました。

  今回の研修会でアテネ五輪 車椅子100m日本代表の八重澤 康成さんとも交流させていただく機会を得ました。
 八重澤さんは二十代のころ事故にあい両足が動かなくなりました。「車椅子生活の自分を受け入れるため」車いす100m競技をはじめたそうです。
 自分に足りないものがあるからこそ自己の可能性へ挑戦するためにスポーツをされる障がい者の方は多いそうです。また、健康を維持するためにスポーツを取り入れることも奨励されているとのことです。

 スポーツの効果や効用が障がいを持っている方の生活を豊かにするうえで重要視されています。むしろ健常者よりもスポーツの価値をより理解して手段として活用しているのではいかと思いました。 
 スポ―ツの価値について、再確認できた研修会、出会いでした。

IMG_4187.jpg


アテネパラリンピック代表 八重澤さん(右)



 
カテゴリ :研修会 トラックバック(0) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
インフォメーション
平成24年4月1日より
公益財団法人長岡市スポーツ協会になりました。


〒940-0041
新潟県長岡市学校町1-2-1市民体育館内
0258-34-2130
info@n-spokyo.or.jp

カレンダー

最新記事
リンク
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。